ホリデースポーツクラブ

f:id:irenglish:20170724214306j:plain

 

英語ー日本語

Corporate history

The company was originaly  estabilshed as a construction company in Aichi

prefecture by the founder and cuurent Ptresident Mr Kustsuna  in 1979.

The company used the knowhow it had acumulated from its activities in

building shops, condominiums and factories to begin its golf practice range

business in1989, its sports club operation in 1996 and its hotel business in 1999.

 

企業史

会社は愛知県にて1979年に建設会社として設立されました。

ビル店舗やコンドミアム、1989年に始めたゴルフ関連ビジネスを始めるのための店舗建設などで培われたノウハウや1996年のスポーツクラブ経営 1999年のホテル経営のノウハウを使ってきました。

 

 

The Holiday Sports brand  sports club operation is the main growth driver amongst the company`s business and accounts for approximately 80% of sales. The major companies in the sector, led by the top operator Konami sports have built up their businesses by develoing luxirious facilities  aimed at city dwellers and have engaged in an ever-widening, highly competetive war of attrition centered on the concept of sports training.

 

ホリデースポーツブランドは企業の中の80%の売り上げを占める成長ファクターです。コナミをはじめとしたトップ企業は豪華な施設を設備士、都市型住民に狙いを定めたビジネスを構築してきました。それはスポーツトレーニングにフォーカスした激しい競争を強いる、終わる事のない消耗戦です。

 

In contrast, Holiday Sports Club  concenrates on regional 

cities( with population of 100,000 and above) and  has leveraged both facets of its unique knowledge base - its "hard"  attributes such as its knohow in building and operating its own, effiicient facilities and its  "soft" features which include providing reasonably priced and health-building services to first timers - to become the 8th largest company in the sector by sales and by far the most profitable company in terms of ordinary income.

 

反対に、ホリデースポーツクラブは地方都市(10万人以上の人口)に力を入れてきました。建物や効果的な設備などのハード、リーズナブルな値段設定などのソフト面などのノウハウの両方をレバレッジした結果、業界において売り上げ、そしてダントツの収益率において第8位の会社になりました。

 

 

 

 Business Strategy

With Japan facing the problems of  an aging society and a 

falling birth-rate and helth-oriented consumption booming 

 among seniors, the future growth prospects for this market look very promising.

 

ビジネス戦略

日本は高齢化や少子化といった問題に直面し、高齢者の間では健康志向の消費が活発化しています。この市場の将来成長予測は有望です。

 

 The sector which is made up of sports club s aimed at eliminating insufficient levels of physical exercise amongst urban dwelles is a business model characterised bya red ocean of excessive competition,huge amonts of capital expenditure and an extremely difficult environment in which to make money.

 

都市生活者に向けて運動不足を無くすかが目的になっているスポーツクラブ産業は過度な競争が展開するレッドオーシャンのビジネスモデルです。多額の資本が投資され、利益を生むために過度に厳しい環境を生んでいます。

 

 

 

By contarst, the development of the motorization of regional areas has created an environment  in which the level of inadequency  in physical exercise  amonst residents is even higher than that for urban dwellers resulting in latent demand for sports  clubs to help them maintain good health and eliminate the problem of insuffcient exercise from their lifestyles. 

一方、地方エリアの車社会の発達は、都市型住民よりもずっと多くの地方に住む運動不足に悩む人々に、健康と生活習慣からくる運動不足を解決するための環境を作り出しました。 

 

 

That said, regional sports club have,to date, consisted of swimming schools aimed at children and the conventonal wisdom in the sector has been that the prospects for making monery from the development  of sports clubs for adluts are bleak. In the face of this commonly-held view, Tosho has built up its business model to suit the demands of  adult residents of regional areas keen to improve their health on the foundation of its key principles of building low cost, high -quality facilities low free operating structure and continues to win through with these core concepts.

 したがって、地方スポーツクラブは現在では、子供をターゲットとしたスイミングスクールを所有しています。通常の概念では、利益を出すためには現実は厳しい大人向けのスポーツクラブを作らなければならないとなっています。

この既に持たれている概念に対抗し、東祥は地方エリアの大人にの需要に適したビジネスモデルを作り上げました。低価格で上質な設備のもとで低価格の運営でユーザーの健康を促進する、そしてこれらのコンセプトで勝ち続けることを目指しています。

 

 

 英語ー日本語

f:id:irenglish:20170724215652j:plain

 施設型サービス産業において継続成長戦略

 

1、市場 10万人ー15万人のターゲット

 ビジネスモデルが適合するエリアでの施設オープン

 

2、成長  新しいビジネスモデルの開発

 時代の変化への対応

 

3、新商品  新しい運動プログラムの導入 新システム&新商品

  商品を開発することにより常にヒットプログラムを産む

 

4、営業  フライヤー ウェブ 口コミ

   スピーディーなメンバー登録と契約

 

5、サービス  社員・講師教育 施設や環境設備

 安全 心身ともに健康で、感謝を伴ったサービス

 

 

 

 

 BSシート 英語ー日本語

f:id:irenglish:20170724215546j:plain

 

 

f:id:irenglish:20170729122223p:plain

当期純利益率:17.4%

 

 

 

f:id:irenglish:20170724215723j:plain

f:id:irenglish:20170724215738j:plain

f:id:irenglish:20170729123000p:plain

当期純資産率:47% 

 

 

f:id:irenglish:20170729123259p:plain

 

 

f:id:irenglish:20170729124113p:plain

 

f:id:irenglish:20170724215802j:plain

 

f:id:irenglish:20170729211937p:plain